スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメ、心のむこうに

2009年05月11日 23:11

えェ~、と、、、

文章力をコレっぽっちも持ち合わせてません自分が、「三人称」の方々に
エピソードに出て頂くとする場合、
その人達との関わりなどの「ヘタ糞な説明」に、読者様がたをつき合わせる事になるのは自分自身、十分承知しているつもり なのですが、
文章をどう書けば良いのか分からない為、イッコウに良くする事ができません。
 

エピソードの中には「盛り上がりの山も無く」、「気の利いた落ちも無い」。
もちろんソコには「意味など全く無い」、、、という
俗に言われる、ヤオイ(最初はUFOマニアを指す言葉だと思った。)な状態。


それに加え、、、「無駄に長い」、「肝心なところの説明をしない」、「日本語がおかしい」、「くだらない」、、、など、ナド、、、上げれば切りがない程。

、、、悪い要素がある程度イッパイになったら、「逆に良くなる」事はないんだろうか??

マイレージ・ポイントが貯まると素敵な特典がある様に、、、
たくさんの 「具」 で煮込む 「寄せ鍋」が美味しくなる様に、、、。

、、、ウ~ン、、、絶対に無理であろう、、、。

いくら集まったところで、しょせんは「悪い要素」である。 
しかもボクには文章力がまるで無い。

『だけど、ボクにはピアノが無い、君に聞かせる腕も無い、、、』 みたいなものだ。

まァ、文章に限らず、悪い要素を削ぎ落としていき、良い要素を取り込んでそれを上手い具合にブレンドしていく方法や技法を探索し、錬磨していかなければ、物事は何であれ良くはならないのであろう、、、。

それからすればこの『ツバメは夜に飛ぶ!』は「良く」はならないであろう。

今回のエピソードにしても
『閉店の間際に友達が持って来た「CD」を受け取り、その後ライヴを観に出かけた、、、。』

たったそれだけの話し。

「良く」はならないだろうが楽しんではもらいたい。


FOR BEAUTIFUL HUMAN LIFE ...



では、2009年 5月9日 土曜日 の 話 。


一通り カウンセリング や 刺青の施術 など 普段の業務を 終えて 店を閉めようとしていると、旧店舗だった「悪童(ワルガキ)ビルヂング」時代に一緒に「店舗をシェア」していた

TURKIESのマコト君(写真を撮るの忘れた。)が
 
「飛びネタ!!」 を持って来てくれました、、、またの名を「ココロの滋養」ですヨ!

現時点でまだ「再生、確認」してませんが、そんなモノ、、、ウフフですよ!!

盤面にボール・ペンで書かれた文字、、、

IMG_0636_convert_20090511055015.jpg

えェ~何々、、、

『ヘラ、、、サイドバーンズ、、、ロック、ガレージ、パンク、デトロイト、デス(デトロイト75’)、パンドラ、ハリウッド~exBOYS は よい!!』
 
、、、うんうん。

しかも「元ネタ」の 出ドコロ は シンヤさん。

その時点で間違いなど コレッポッチ も無いであろう。

シンヤさん は ウチの店の限りなく少ない「常連さん」のひとり で、ある。


それだけでも「有り難い」というのに、彼のライフ・ワークのひとつである

「BOOK OFF 行脚」
(恥ずかしながら「アンギャ」と読める様になったのはココ3年くらいである)

の最中にボクが好きそうな本を見つけては差し入れしてくれたりしてくれる、
とてもありがたい「おひと」。
もちろん寝る時はシンヤさんの家の方角には足を向けたりはしない。(w

で、「ファイン・アート」 から 「アウトサイダー・アート」、「仏像」、
「映画のフライアー集」、「ゴシック、バロックなどの西洋美術」、「図鑑の類い」、
「つげ義春」、、、

などなど、、、「本」意外にもCDやDVD、漫画、、、差し入れは多岐、様々なジャンルに及び、中にはボクがこれまで触れた事の無いようなジャンルの物などもあるのでいつも良い刺激を与えてもらっております。

シンヤさん、いつもありがとう!!


、、、で、話しを戻すと、、、

、、、

あれ、話しを戻したトコロで「マコト君」はすぐに帰り、ボクは店を閉めて、ライヴを観にでかけたというだけだ。
 
 

~~~予告~~~

東京よりの来訪者達、、、

BAKI、KASUGA、ANAI、そしてKYO。

そのバンドを構成する顔ぶれの凄さに、驚愕を覚える「ツバメ」は
そのバンドが発する音の空間を体験すべく、急ぎ、ライヴ・ハウス「Music Factory」へと乗り込むのであった、、、

次回、『ツバメは夜に飛ぶ!』


「MOSQUITO SPIRAL」


この次もサービス、サービスぅ!!

(エヴァンゲリオン風に読んで頂ければ嬉しい。)


今日のタイトルは言うまでもなく「新世紀 エヴァンゲリオン」 第伍話 のパクり。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tsubamewayorunitobu.blog61.fc2.com/tb.php/22-3fe81a8d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。