スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お山王 Haaaan!!!

2009年05月02日 03:17

毎年 5月1日 は となり町、鶴岡市に一人暮らししている お義母さん(以後、ママちゃん) の 家にお泊まり。

ムスメとママちゃんの誕生日が同じ5月1日なので、いっしょに お祝い する為である。

ムスメは今日で3歳、ママちゃんとは 干支 も同じ 戌年で、6周り違う「孫」。

tsuruba_anji_convert_20090502010805.jpg

ムスメ、「チョキ」、「ピース」ができてません。(w

戦前生まれのママちゃんは優しくて、可愛らしい はいからなお婆ちゃん(お義母さんだが)で、かといえば剛胆な部分も持ち合わせている、、、

、、、ひと昔前の、ボクが子供の頃の「おとな」、、、という感じの人。

で、若かりし頃の話などは結構、、、ブッ飛んでる!!(w


まぁ、勿論、人にもよりますが 50~65歳位 の人と話をした時の感じと全然違った雰囲気があるんです、、、

、、、人にもよりますがネ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


んで、まァ、昨晩は一通り誕生日を祝い、今日は朝からムスメと一緒にママちゃん家の近所を探索。
春の陽射しを満喫。
「ワぁ~、太陽って素敵ネ~!!」
と、ムスメ。

え~、鶴岡といえば、「たそがれ清兵衛」、「隠し剣鬼の爪」、「蝉しぐれ」、、、などなどで御高名であらせられます
藤沢周平 先生」
の出身地であることでも知られていると思いますが、
ママちゃんのご近所には、先生の小説のなかに描かれる 架空の地、「海坂藩 」に出てくる地名などが在ったりします。

ボクは映画でしか先生の作品に接していませんから詳しいことは何にも解りかねますが、
「般若寺」は徒歩2~3分の距離にあります。

写真は「山王(サンノウ)の森」、「お山王はん」と呼ばれる、山王稲荷。

osannouhan_convert_20090502021212.jpg



sannou_sunshine_convert_20090502013647.jpg

鶴岡の方言では 京言葉のように「~さん』と人の名前を 言うとき や 呼ぶときに
「~はん」と言うんですネ。

ボクが住む、となり町の酒田では言いません。

鶴岡は「城下町」、酒田は「港町」として栄えてきました。

「お山王はん」に咲く 緑色 の 「ぎょいこう桜」。

gyoikouzakura_convert_20090502022109.jpg

奥のピンクの桜(ソメイヨシノではない。)と比べると一目瞭然。
境内に13本あるそうです。

sannouwoods_convert_20090502022743.jpg

ママちゃんの家、門前から撮影。「お山王はん」裏手へと続く小道。

tsuluba_kats_convert_20090502023056.jpg

酒田はボクが幼稚園の年長の時に大火で中心地が焼失してますので、「昔ながらの酒田」みたいな場所、町並みが少ないような気がするんですが、、、
、、、そんなこと無いんですかね、、、??

話題はハズレますが、昔ながらの古本屋さんが酒田に無いのはその時の火事によるトコロだと思い込んでます。


ウ~ン、一泊 ゆっくりと過ごさせて頂きました。
 
ママちゃん、ありがと~!!


~P.S.~

ママちゃんのご学友の中には 藤沢周平先生 から ♡ラヴ・レター♡ を頂いた事がある方も居るそうです!!


「なんでも鑑定団」に出てこないかしら、、、(w

「それでは、オ~プン・ザ・プライス!!」

「一、十、百、千、万、、、、、」


、、、ゲスな話で申し訳ない。。。。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tsubamewayorunitobu.blog61.fc2.com/tb.php/18-eeed8a3b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。